安全性が高い馬プラセンタ

安全性が高い馬プラセンタ

馬プラセンタサプリは、豚や羊と比べて安全性が高いという理由から選ぶ人も多いんですよ。

 

馬は体温が高く、寄生虫が住みにくいからだです。豚は管理方法では寄生虫のリスクを防ぐことはできますが、一般的に流通している豚肉は寄生虫リスクがあります。そのために生育途中で抗生物質を投与していて、安全性でいえば馬プラセンタサプリのほうが上になります。

 

そして、重要なのが狂牛病や口蹄疫ではないでしょうか?狂牛病は以前ニュースでもよく取り上げられていたので、知っている方もいるはず。今は牛の原料を使用したものでは狂牛病のリスクがあるからと、プラセンタの原料には使われなくなりました。

 

同じように豚や羊に見られるのが口蹄疫で、家畜伝染病のひとつです。ほかにも牛、ヤギ、鹿、猪、カモシカなども口蹄疫になるリスクがあります。現在プラセンタの原料として使用されているのが、馬、豚、羊ですから、関係あるのは豚と羊。

 

伝染病にかかっているからといって、人も同じように感染するとは限りませんが、安全性にこだわる方にとっては、ちょっと気になってしまう。

 

馬は狂牛病や口蹄疫のリスクがなく、サプリの原料としても適しているといえますね。

 

馬はアレルゲンが少ないメリットもあります。豚肉アレルギー、羊アレルギーがあっても、馬アレルギーは少なくなっています。人に対して馴染みがよく、副作用やアレルギーの心配が少ないのです。

安全性が高い馬プラセンタ

馬プラセンタサプリは、豚や羊と比べて安全性が高いという理由から選ぶ人も多いんですよ。

 

馬は体温が高く、寄生虫が住みにくいからだです。豚は管理方法では寄生虫のリスクを防ぐことはできますが、一般的に流通している豚肉は寄生虫リスクがあります。そのために生育途中で抗生物質を投与していて、安全性でいえば馬プラセンタサプリのほうが上になります。

 

そして、重要なのが狂牛病や口蹄疫ではないでしょうか?狂牛病は以前ニュースでもよく取り上げられていたので、知っている方もいるはず。今は牛の原料を使用したものでは狂牛病のリスクがあるからと、プラセンタの原料には使われなくなりました。

 

同じように豚や羊に見られるのが口蹄疫で、家畜伝染病のひとつです。ほかにも牛、ヤギ、鹿、猪、カモシカなども口蹄疫になるリスクがあります。現在プラセンタの原料として使用されているのが、馬、豚、羊ですから、関係あるのは豚と羊。

 

伝染病にかかっているからといって、人も同じように感染するとは限りませんが、安全性にこだわる方にとっては、ちょっと気になってしまう。

 

馬は狂牛病や口蹄疫のリスクがなく、サプリの原料としても適しているといえますね。

 

馬はアレルゲンが少ないメリットもあります。豚肉アレルギー、羊アレルギーがあっても、馬アレルギーは少なくなっています。人に対して馴染みがよく、副作用やアレルギーの心配が少ないのです。